国産玄米100%、木桶仕込100%、静置発酵100%

日本伝統製法で醸造した100%天然酢

カート

こだわりの製法

こだわりの製法

昔と変わらない味わいと
日本伝統製法の醸造

紀伊半島南端に世界遺産〈熊野古道〉に位置する
「蔵元中野商店」。
高温多湿で自然環境に恵まれたこの場所は
お酢の発酵醸造に最適な環境です。
熊野古道に繁る熊野杉で江戸時代から受け継がれる
「木桶仕込み」を貫き、日本伝統醸造法である
「静置発酵法」でゆっくり発酵じっくり熟成された
昔元来からのお酢を造っている蔵元です。

中野商店のこだわりの製法
「静置発酵」を行うにあたり大切な
中野酢三原則

国産玄米100%

国産玄米一〇〇%

こだわりの国産玄米を一〇〇%で
日本伝統の木桶仕込み、ゆっくり発酵、
じっくり熟成、古式静置発酵による
一〇〇% 天然のお酢です。
こだわりのお酢作りは素材である米を厳選し、
毎年丁寧に仕込み、熟成されるまで待って
出荷されます。

木桶仕込100%

木桶木桶仕込一〇〇%

一〇〇年以上の年月が経つ木桶には
豊かな風味を引き出してくれる
微生物が住み着き
「みふね酢」の味の原点ともなっています。
ステンレス・プラスチックのよう
タンクがありますが、
お酢が過ごしやすいのはやはり、
「木桶」なのです。

静置発酵100%

発酵静置発酵一〇〇%

中野商店のお酢作りは、
静置発酵という製法を使っています。
静置発酵とは、速醸法のように6 時間ほどで
大量生産をできるお酢ではなくて、
昔ながらの木桶で、まず酒( どぶろく)作りを行い
一二〇日以上かけて自然の力で発酵し
熟成したお酢のことを言います。